【サッカー人気2位】【J1騒乱】[鹿島vs清水]元川悦子と…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs福岡】リカルド ロドリゲス監督記者会見コメント「我々がしっかり決めることができていれば結果は違っていました」

■明治安田生命J2リーグ 第6節
7月19日(日)徳島 0-1 福岡(19:03KICK OFF/鳴門大塚/2,261人)
得点者:50’上島拓巳(福岡)
————-

○リカルド ロドリゲス監督
「我々が普段から目指しているチャンスの数、もちろんゴールについても今日は足りず、このような結果になりました。しかし、選手たちが最後まで体を張り、勝利を目指し戦ってくれたことにはとても満足しています。その部分は今後も大事になってくると思いますので、引き続きやってもらいたいと思います。
今日試合の流れを見ていて、1-0で勝つ可能性の高い試合ではないかと思っていました。福岡が得点するとすればセットプレーからだろうと思っていましたが、実際にその通りになってしまいました。それ以外では相手にチャンスを作らせなかったし、我々がしっかり決めることができていれば結果は違っていました」

Q:中央を閉められていた中で、どのような修正を加え崩していこうと考えていましたか?
「確かに思い通りにいかない時間帯はありました。ポジショニングで細かな修正を加えましたが、相手はそれでも固く守備をしてきました。その守備を破れなかったことを今後の課題とし、何ができなかったのかを洗い出してこれから考えようと思っています。
それでもゴールに近づく場面はあったので、繰り返しになりますが、そういう所で決められるのかどうかは、このような拮抗した試合で大事になってきます。福岡はそれを決めてきたということです」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック