【サッカー人気1位】ザーゴとは何だったのか? 鹿島が復活す…

ヴォルティススタジアム

リカルド監督「崩せない時にいかにプレーしていくのか立ち位置を整理した」渡井理己「上位相手に勝点を取っていかないといけない」梶川諒太「自分たちがしっかりボールを握りながら、相手を押し込んでいければ」ーJ2第7節:磐田戦に向けた監督・選手コメントー

○渡井理己選手
「(Q:地元・静岡での試合です)
小さい頃からTVでも見ていたので馴染みのあるチームなので、そういったチームと試合をするというのは変な感じですが、楽しみの方が強いです。

(Q:対戦する磐田について)
全体的にバランスがいいですし、前線の選手の得点能力が高いので、いかに前を抑えて自分たちのリズムでサッカーができるかが大事だと思います。相手のFWが割と守備の時は前に出てくると思うので、アンカーの選手を使いながら、相手の中盤の選手を引き出しつつ、そこからチャンスを作れればいいかなと思います。
J1から落ちてきたチームですが力はあると思うので、昇格に近いチームに勝っていかないとJ1昇格が見えてこないので、確実に勝点を積み上げいけるよう戦いたいです。
上位の相手に対して、自分たちがどういうことができるのか、ピッチで表現できればと思っています」

(残り 1051文字/全文: 1424文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ