【サッカー人気2位】選手たちはどのポジションでプレーしてい…

ヴォルティススタジアム

【町田vs徳島】試合後の選手コメント:上福元直人「ボールを長く持つことでピンチは少なかった」西谷和希「(ゴールは)チームとして狙っていた高い位置からのプレッシングがはまったシーンでした」田向泰輝「チームが一つになった勝利」、渡井、垣田

■明治安田生命J2リーグ 第11節
8月12日(水)町田 0-1 徳島(19:33KICK OFF/Gスタ/887人)
得点者:26’西谷和希(徳島)
———–
○上福元直人選手
「(Q:試合を振り返って)
自分たちのスタイルであるしっかりボールをつないで支配しながら、相手のプレスを利用しながらかわしていくことも意識しながら試合に入りました。
完璧だったかと言えばそうではないという印象もありますが、実際、相手のチャンスを作らせなかったり、相手の攻撃回数を減らせた部分については、ボールを長く持つことでピンチは少なかったと思います。ゲームのコントロールの部分では完璧ではなかったと思いますが、できた部分はしっかりと評価していきたいと思います。

(残り 2431文字/全文: 2749文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック