【サッカー人気4位】欧州組が占める日本代表を見て「隔世の感…

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】甲府戦のポイントは、2つの『差』。

前節・町田戦(1○0)は危ない場面はほぼなかったと言えるが、ボール保持率を高めながらも決定機自体は多く作り出せずにシュート数も6本となった。こういった試合は捉え方が難しいかもしれないが、いずれにせよプレッシングから生まれた相手の致命的なミスを確実に得点に結びつけて勝点3まで結びつけたことは大切な結果だった。

町田戦前に西谷和希を取材した際、時期的に『阿波おどり』の話題も挙がっていたのだが、ゴールパフォーマンスの提案には「ホームだと踊ろうかな(笑)。まだ踊れないので、そのときのために練習しておきます」という返答だった。いやあ、惜しかったなあ! ホームゲームだったらなぁと思いながらも試合後には「準備ができていないので早急に小西くんに教えてもらおうかな(笑)」という談話もあったりして、またどこかのタイミングで披露してくれる機会を楽しみにしている。

(残り 3303文字/全文: 3676文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ