【サッカー人気1位】ザーゴとは何だったのか? 鹿島が復活す…

ヴォルティススタジアム

リカルド監督「(岡山は)4-4-2のシステムでしっかり守ってくる」梶川諒太「3人目の動きを増やしていきたい」杉森考起「チャンスをもらっている中で、もう少しゴールや結果で応えたい」ーJ2第13節:岡山戦に向けた監督・選手コメントー


○梶川諒太選手
「(Q:前節の甲府戦について)
相手が引いてくる展開の中で、なかなかうまく最後のところへ入っていくことができなくて、崩しきるためのアイデアがもう少し必要だったと思います。僕自身が一人で打開できるタイプではないので、周りの選手とのコンビネーションを使いながら崩すことを考えていました。先に失点してしまって悔しい交代になりましたけど、もっと周りとの連携を高めなければいけないなと思っていますし、個人的にはまだまだ成長しなくてはいけないと感じています。
いろいろな特徴のある選手がいてそれぞれが特徴を持っているので、ポジション争いは厳しいですが、ポジション争いが無いと成長はできないと思うので、今悔しい思いをしている時間が長いですが、その時間でどれだけ自分が成長しながらチームのためにプレーできるかを考えながらプレーしています。
こういう期間は自分のキャリアの中で毎年のようにありましたし、自分が取り組んでいることの結果がいつ出るかわかりませんが、とにかくやり続けながら成長していきたいと思っています。

(Q:中2日で迎える岡山戦について)
長崎で一緒にプレーしていたイ・ヨンジェ選手がいて、その頃から彼の力強さというのは半端じゃなかったですし、今はあの頃よりも得点力が付いてきていると感じます。ここ最近もコンスタントに得点を取っているので、脅威になってくると思います。

(Q:引いた相手を崩すためには?)
今は(パスを出す人ともらう人の)2人だけの関係が少し多いので、3人目の動きを増やしていきたいです。甲府戦でもそういった動きが少ないので、短い準備期間の中でも合わせていかなければいけないと思っていますし、試合でもチャレンジしていきたいです」

(残り 1376文字/全文: 2096文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ