【サッカー人気4位】クリスマスツリーにハマったビルドアップ…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs群馬】試合後の選手コメント:河田篤秀「自分的にはイメージ通りのゴールでした」佐藤晃大「応援し続けてくれた人や家族、いろんな人に感謝の気持ちを伝えたいです」+梶川、西谷、鈴木

■明治安田生命J2リーグ 第17節
9月5日(土)徳島 2-0 群馬(19:03KICK OFF/鳴門大塚/2,093人)
得点者:33’河田篤秀(徳島)83’佐藤晃大(徳島)
———-
○河田篤秀選手:
Q:チームを勇気付ける見事な先制点でしたね。
「ありがとうございます。今日はチャンスの数も少なかったのですが、良い時間帯に取ることが出来ました。ボレーは左右どちらでも苦手ではないので、自分的にはイメージ通りのゴールでした」

Q:これで2試合連発。ピッチに立てば結果を残していますが、河田選手自身はどのように評価していますか?
「得点だけで言うと1試合に1得点するのが理想なので、自分の仕事として最低限のことは出来ているのではないかと思っています」

Q:改善していきたい点もあるような表現ですね?
「ビルドアップの時に相手守備ラインの間で受けるという部分では、まだ改善の余地があります。そういうプレーも大事にしていけば、自分もゴール前でもっと生きるように思っています」

Q:垣田選手と組んだ2トップはいかがでしたか?
「垣田選手は相手の嫌なエリアへ走ってくれるので、組んでいる僕は中央に構えていられます。そういう意味ではやりやすいし助かります」

〇佐藤晃大選手
Q:誰もが待っていた得点です、おめでとうございます。
「お待たせしました。やっと入ってくれたという感じです。応援し続けてくれた人や家族、いろんな人に感謝の気持ちを伝えたいです」

Q:前回の得点が2016年でした。3年半、苦しい時もあったのではないですか?
「正直、ずっと苦しかったです。この前の千葉戦でも入りそうで入らなかったりして、試合には勝ちましたが、僕自身としては苦しかったです。出来ることを全力でやり続けるしかないと思っていましたし、自分なりにやり続けてきました。そんな僕を信じて使い続けてくれた監督やスタッフ、パスを出してくれた選手、怪我の時に支えてくれたトレーナー。本当に多くの人の支えでここまでやることが出来たと思います」

Q:リードしていましたが、展開的にどうなるのか分からない試合を、佐藤選手の2点目が勝利を引き寄せたと思います。
「決められたことは良かったですが、前後半共にボールを持たれる時間が多かったので、前線でもう少しキープして時間を作らなければいけなかったという反省はあります」

Q:試合終了後、ファンやサポーターから送られた拍手の多くが佐藤選手に向けられたように思いました。
「そうであれば本当にありがたいことです。これからもその期待に応えて、チームの勝利に貢献できる働きをしたいです」

Q:今日の佐藤選手のゴールがそうであるように、誰が出ても結果を求められる総力戦の今季についてどう感じていますか?
「サブの選手、メンバー外の選手もみんな力がありますし、彼らを含めて全員で集中して良いトレーニングが出来ているからこそ、試合に出た選手は誰でも遜色のないプレーをしているのだと思います。そういうチームこそが本当に強いチームですし、今季のような過酷なシーズンでも上位に行けると思います。本当に良いチームになってきていると思います」

(残り 1710文字/全文: 3000文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック