【サッカー人気4位】ゴチャつきとリカ監督の修正、得点を奪う…

ヴォルティススタジアム

リカルド監督「(栃木は)奪ってからからの攻撃の展開の速さが特徴」福岡将太「率直に言えば負けたくないです」梶川諒太「今は蹴るのかつなぐのかの見極めが重要になる」ーJ2第18節:栃木戦に向けた監督・選手コメントー

○福岡将太選手
「(Q:栃木戦に向けて)
率直に言えば負けたくないです。栃木は前節も勝利して調子がいいですし、自分たちがチャレンジ精神を持ってプレーできればと思っています。

(Q:今年の栃木の印象について)
やっぱり気持ちの面で戦ってくるチームだなと思います。もちろん技術もありますけど、勝つ気持ちを前面に出してくるチームなので、それを上回る気持ちを出していきたいです。徳島は栃木とは違うプレースタイルですけど、どれだけ冷静に熱い気持ちを出せるかが大事になってくると思います。

(Q:徳島は中3日、栃木は中2日ですが、その影響はあると思いますか?)
(日程の差など)そういうところを見せないように戦えるのが栃木だと思うので、同じ条件だと思ってやっていければと思います。

(Q:途中出場でしたが、福岡選手のご自身のコンディションについて)
やっぱり悔しい部分はありますけど、試合に出た時にはいいプレーというかみんなを助けられるプレーをしたいと思っています。前節のように相手がロングボールを放り込んでくるタイミングで使われるときは、自分の高さや跳ね返す力が必要になるので、そこだけはとにかく負けないようにしたいです。

(Q:栃木の中で注意すべき選手は?)
チーム全体でプレスが速いですが、特にセンターバックの田代選手はとにかく前に強い選手です。そのプレッシャーをうまくかいくぐれば得点につながるのかなと思います。また今シーズンは矢野貴章選手も加わって、さらに空中戦が強くなっていると思います。いかにクロスを上げさせない、セットプレーを与えないかが大事だと思います。西谷優希選手(西谷和希選手の兄)もいますし、昔の仲間と違うチームで対戦することは、楽しみにしています」

(残り 1566文字/全文: 2287文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック