【サッカー人気1位】世界一から10年、女子サッカーの今を考…

ヴォルティススタジアム

【栃木vs徳島】試合後の選手コメント:西谷和希「サッカーをやっていて良かったなと思う試合でした」小西雄大「あまり無いくらいイメージ通りに蹴れたのでびっくりしました」+ドゥシャン、杉森、渡井

■明治安田生命J2リーグ 第18節
9月9日(水)栃木 0-1 徳島(19:03KICK OFF/栃木グ/1,865人)
得点者:51’小西雄大(徳島)
———-
○西谷和希選手
「(Q:試合を振り返って)
改めて、栃木SCは素晴らしいと実感したことと、去年まで一緒にプレーしていた選手たちが試合に出ていて、試合中もマッチアップして楽しくて、サッカーをやっていて良かったなと思う試合でした。

(Q:兄・西谷優希選手との直接対決については)
あまりマッチアップする機会はありませんでしたが、いい楔のボールを入れたり怖いプレーをしてきていて、栃木としても生き生きやっていていいんじゃないかなと思います。

(残り 2074文字/全文: 2367文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック