【サッカー人気4位】アンタッチャブルではない「Jリーグ史上…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs金沢】リカルド ロドリゲス監督記者会見コメント「我々に2点目を取るチャンスはあったのですが決められなかったことで、このような結果になったと思います」

■明治安田生命J2リーグ 第18節
9月12日(土)徳島 1-1 金沢(19:03KICK OFF/鳴門大塚/2,324人)
得点者:6’河田篤秀(徳島)66’杉浦恭平(金沢)
———-


○リカルドロドリゲス監督
「今日の試合、河田選手の先制ゴールから始まり、ボールを握りながら良い流れの中でしっかりと進めることが出来ていたと思います。
しかし、30分過ぎから次第に相手のプレスも効くようになり、我々に2点目を取るチャンスはあったのですが決められなかったことで、このような結果になったと思います。追加点を取らなければ、試合の中で何かが起きてしまうこともあります。これまでもそうですが、今後もその部分を高める努力をしていこうと選手たちには話しました。
繰り返しますが、ホームで勝点2を失ったという思いがあるので、確実にとどめを刺し、試合を優位に進めていけるチームになれるよう、これからも選手たちと共に努力していきます」

(残り 212文字/全文: 615文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック