【サッカー人気3位】ワクワクするスタメンと反する結果、レノ…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs松本】リカルド ロドリゲス監督記者会見コメント「今日出来なかったことを改善しながら進んでいきたい」

■明治安田生命J2リーグ 第22節
9月26日(土)徳島 1-1 松本(19:03KICK OFF/鳴門大塚/2,834人)
得点者:61’清武功暉(徳島)74’ジャエル(松本)
———-
○リカルドロドリゲス監督
「予想通り難しい試合になりました。相手の監督が代わったり、システムがいつもと違っていたり、怪我人が復帰して強固になったところがその理由として考えられます。それでも我々としては、試合を支配し相手の守備を崩していくことを追求しているので、今日出来なかったことを改善しながら進んでいきたいと思っています。
後半は少しずつ自分たちらしさが出てきました。流れの中からではありませんでしたが、セットプレーから得点することが出来ました。相手にも何本かシュートを打たれる場面もありましたが、最後のところはよく対応していたと思います。その中で失点したことに悔しさを感じますが、サッカーというスポーツにおいて、あのようなことは起こりうるものです。
この1対1の引き分けという結果は、これまで出場機会の少なかった選手の活躍やチームの一体感によって得たものであり、その部分に関してはとても評価しています」

Q:新しい選手が活躍した反面、連携面では少し難しそうにも見えました。
「確かに中2日という間隔、そして昨日は大雨で十分トレーニングが出来ず、彼らに何かを伝える術は話すことだけでしたので十分な準備だとは言えません。それでも選手たちは私の意図を理解しようと努力し、今日もピッチで表現すべく全力を出してくれました」

Q:今日からリーグ後半戦でしたが、どんなことを意識して試合に臨まれましたか?
「我々のやるべきことや目指すところは変わりません。前半戦でやれていたことをしっかりと続けていき、積み重ねることでレベルを向上させていきたいと思っています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック