【サッカー人気5位】Boa sorte(ボア・ソルチ)。優…

ヴォルティススタジアム

【長崎vs徳島】リカルド ロドリゲス監督記者会見コメント「拮抗した試合で勝点3をもぎ取れたことは非常に価値のある勝利だと思います」

■明治安田生命J2リーグ 第23節
9月30日(水)長崎 0-1 徳島(19:03KICK OFF/トラスタ/3,157人)
得点者:89’渡井理己(徳島)
———-

○リカルドロドリゲス監督
「すごく難しい試合になりました。結構相手に持たれたり、押し込まれる時間帯がありました。セットプレーや決定的なチャンスも何度も作られてしまいました。ただその中でもしっかり失点せずに試合を進めることができました。
我々にはチャンスが少なかったですが、前半に決めていればというシーンもありました。後半も数えるくらいのチャンスしかありませんでしたが、最後の最後でうまくボールを奪ってゴールにつなげることができました。拮抗した試合で勝点3をもぎ取れたことは非常に価値のある勝利だと思います」

(Q:攻撃面について。準備してきたものがどのくらいできましたか?)
本当に崩すのが難しい相手でした。FWも我々のやりたい事をしっかり理解していますし、前線の選手がしっかり内側を消して引いて守ってきました。その中で前半から言えないことも多いですが、狙っていた立ち位置を取ったり、試合の中で見つけながら取れていたのかなとは思います。
後半はもう少し具体的にどうしたらいいのか話をして、見つけていきたいスペースを見つけて、相手をうまく押し込めたのかなと思います。後半、押し込まれる時間が前半より増えましたが、あまり効果的な展開にはなりませんでした。我々の狙いもありましたが、そこは相手も焦れずに守ってきたと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック