【サッカー人気5位】Boa sorte(ボア・ソルチ)。優…

ヴォルティススタジアム

【岡山vs徳島】試合後の選手コメント:河田篤秀「やはり得点が欲しかったので、シュートを選択して良かった」石井秀典「クロスにいたるまでのサイドの対応が少し上手くいかなかったので改善したい」+ジエゴ、岸本、杉森

■明治安田生命J2リーグ 第26節
10月14日(水)岡山 1-1 徳島(19:03KICK OFF/Cスタ/1,778人)
得点者:79’河田篤秀(徳島)90+2’齊藤和樹(岡山)
———-
○河田篤秀選手
「(Q:後半からの出場でしたが、ハーフタイムでのミーティングでは、チームとしてどんなことを強調されたのでしょうか?)
点は取れていなかったですけど、そこまで崩れている感じでもなかったので、いつも通りの指示をより細かく受けたという感じでした。

(Q:どんなことを意識してピッチに入りましたか?)
攻撃でいい勢いをもたらしたいと思ったので、積極的なプレーを心がけました。守備のところもできるだけ自分が出ていない時のようにできるように心がけてプレーしました。

(Q:ゴールシーンは圧巻でしたが、振り返って)
ボールが来たのはたまたまでしたが、トラップした時に周りの相手が見えて、体を入れてキープするのかシュートを打つのかの2択でした。やはり得点が欲しかったので、シュートを選択して良かったと思います。

(Q:岡山も終盤粘りを見せた中での勝点1ですが、アウェイで勝点2を失ったことについて)
相手がいいチームだったからこそ、残り10~15分でリードしていることをしっかり生かしたかったので、この引き分けは悔しいです」

(残り 1885文字/全文: 2434文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック