【サッカー人気1位】長谷川健太監督「(ディエゴは)自分で歩…

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】チャレンジ比率と予知夢。

前節・新潟戦(0△0)は引き分けながら、観る側にとっては非常にエンターテイメント性の高い試合だった。ホーム戦の中で、個人的には今季最も面白かったかも。やはり相手あってこその競技。選手の特長と戦術的な噛み合わせ次第で試合展開は大きく変化する。

結果、決定機の数自体は徳島に多く訪れただけに、勝点3を積み上げられる可能性は相手を上回った。ゴールまでは、あと一歩。

(残り 2556文字/全文: 2734文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック