【サッカー人気4位】浦議チャンネルのUGとは何者なのか? …

ヴォルティススタジアム

【群馬vs徳島】リカルド ロドリゲス監督記者会見コメント「(ハーフタイム)いくつかの修正点を選手に話しました。その時の表情を見ても誰一人諦めていることなく、確実に何かを起こしてくれる、それくらいの集中力を持っていました」

■明治安田生命J2リーグ 第30節
11月1日(日)群馬 2-3 徳島(18:03KICK OFF/正田スタ/1,404人)
得点者:38’オウンゴール(群馬)39’大前元紀(群馬)49’杉森考起(徳島)56’ジエゴ(徳島)90+3’河田篤秀(徳島)
———-

○リカルドロドリゲス監督
「前半、なかなかうまくいかず、相手にボールを握られる時間帯もある中で失点してしまいました。特に前半は相手にとって危険なプレーができない中、前半最後の時間帯で失点し0-2で折り返す形となってしまいました。
ハーフタイム、ポジショニングを含めていくつかの修正点を選手に話しました。その時の表情を見ても誰一人諦めていることなく、確実に何かを起こしてくれる、それくらいの集中力を持っていました。チームとしてすごくいいリアクションをしてくれたと思います。

後半の入りはすごく良くて、ゴールを決めてそのままの勢いを持って2-2にすることができました。その後は我々のテンポも落ちたところもありました。相手にも決定機があり、どちらに転がってもおかしくない試合展開となりましたが、今回は最近我々に欠けていたゴールを決め切ることができました。ただ内容としてはどちらが勝ってもおかしくない内容だと思います。

(残り 474文字/全文: 1005文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック