【サッカー人気5位】【西部謙司の移籍通信簿】川崎F&ガンバ…

ヴォルティススタジアム

【東京Vvs徳島】試合後の選手コメント:清武功暉「中の入り方も良かったし、藤田選手のクロスも素晴らしかった」上福元直人「プレーしながら感情的に湧いてきてしまう部分はありました」+石井、岩尾、河田

■明治安田生命J2リーグ 第32節
11月7日(土)東京V 1-2 徳島(16:03KICK OFF/味スタ/5,181人)
得点者:18’清武功暉(徳島)43’藤田譲瑠チマ(東京V)86’岩尾憲(徳島)
———-
○清武功暉選手
「(Q:垣田選手と杉森選手を含めた3人の関係性について)
2人の良さはわかっているので、うまくポジションが被らないように、間でボールをもらったり、垣田選手の周りを動いてあげるように意識してプレーしました。

(Q:似た特徴の相手でしたが、守備面ではどんなことを注意していましたか?)
とにかくボールを保持したいという思いが一緒なので、僕はボランチの選手をしっかり消してしっかり中を締めながら守備対応することを意識してプレーしていました。

(Q:ゴールシーンについて)
藤田選手のクロスが素晴らしかったので、僕は触るだけでした。その前の垣田選手がつぶれてくれたおかげで僕がフリーだったので、中の入り方も良かったし、藤田選手のクロスも素晴らしかったです」

(残り 2695文字/全文: 3127文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック