【サッカー人気4位】ゲーム形式では新加入選手、ベテラン選手…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs栃木】試合後の選手コメント:岩尾憲「今日の試合を糧にして、どんな状況でも良い場面を作れるようにしていければ」渡井理己「前半から続けていたことが最後に実を結んだ」福岡将太「栃木時代には見せられなかったつなぎの部分を見せることが出来たと思っています」

■明治安田生命J2リーグ 第33節
11月11日(水)徳島 2-0 栃木(19:03KICK OFF/鳴門大塚/2,124人)
得点者:53’オウンゴール(徳島)75’垣田裕暉(徳島)
———-
○岩尾憲選手
「前半は相手のハイプレスも良かったし、僕たちのミスと言うか、奪われ方の悪い場面が何度かありましたが、その後バタバタとした対応にはならず、誰がボールへ行って誰がカバーするのかを整理し落ち着いて守れた中で、シュートもフリーで打たせる場面はなかったと思います。相手もあれだけのプレスを90分間やり続けるのは困難だろうと思っていたので、苦しい時間帯があっても我慢しながら、後半はもう少しスペースが空いてくるだろうという予想もし、プレスを怖がって蹴ることもなく試合を運べたと思います」

(残り 2480文字/全文: 2819文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック