【サッカー人気1位】ブラウブリッツ無敗優勝に「オシムの一番…

ヴォルティススタジアム

【山形vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「これで何かを成し遂げたわけではないので、しっかりと目の前の試合を戦って、次の試合で何ができるのかに目を向けてやっていきたい」

■明治安田生命J2リーグ 第34節
11月15日(日)山形 0-1 徳島(14:03KICK OFF/NDスタ/4,711人)
得点者:28’小西雄大(徳島)
———-

○リカルドロドリゲス監督
「前半は、いくつか惜しい場面を作れていました。もちろんゴールシーンもありましたし、ポストを叩くシーン、後もう少しというシーン、ゴールを迫るシーンもありましたので、そういった所で追加点を取れればというシーンもありました。そこは次の試合への課題としてとらえたいです。

後半に関しては、前半よりも苦戦した部分がありました。チャンスの数で言えば前半の方が多かったです。ただ、相手に対して我々がボールをしっかり持ちながら押し込むだけではなくて引き出すこともできていたと思います。あとはそこの質やゴールまで完結させられることができるかどうかについて、改善点としてやっていければと思います。
今日の試合に関しては、やっぱり全員が体を張ったディフェンスが良かったです。危ない場面もありましたが、そこでもしっかりと全員が体を張ってくれました。1-0という結果ですけど、体を張ったプレーが勝点3につながったと思います」

(Q:この5連戦を振り返って)
「本当に素晴らしいことです。5連勝自体、他のチームでも達成しているチームは数少ないですし、5連戦でしかも5連勝できたことはすごく大きなことです。ただ、いつも話していますが、これで何かを成し遂げたわけではないので、しっかりと目の前の1試合1試合を戦って、次の試合で何ができるのか改善していけるのかに目を向けてやっていきたいと思います。ただ選手たちはこの5連戦、よく戦ってくれたと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック