【サッカー人気1位】大槻さん、そして今季のラスト4試合 こ…

ヴォルティススタジアム

【山形vs徳島】試合後の選手コメント:小西雄大「そのままゴール前に入っていこうと、ボールを取った瞬間から思っていました」石井秀典「耐えるところは耐えて、チャンスがあれば攻撃に出ていくというイメージでやっていました」+岸本、垣田、福岡

■明治安田生命J2リーグ 第34節
11月15日(日)山形 0-1 徳島(14:03KICK OFF/NDスタ/4,711人)
得点者:28’小西雄大(徳島)
———-
○石井秀典選手
「(Q:投入された時間帯の状況について)
後半途中から入りましたが、明らかに山形の方が攻勢をかけてきた時間帯でした。耐えるところは耐えて、チャンスがあれば攻撃に出ていくというイメージでやっていました。

(Q:相手の監督さんも『引っ張り出せなかった』言っていましたが、どんなことを意識してプレーしていましたか?)
もちろんスライドするところはスライドしますが、最後のクロスのところでマークを空けないように、田向選手や福岡選手と一緒にやっていました。

(Q:5連戦を5連勝で終えたことについて)
もちろん一番いい結果ですが、まだ試合は残っていますし、他のチームの結果も自分たち次第でどうにでもなるので、1試合1試合に集中してやっていきたいです」

○小西雄大選手
「(Q:ゴールシーンを振り返って。アウェイの松本戦と似たような形でしたが?)
あのシーンは、藤田選手がクロスを中に入れた瞬間、こぼれてきそうだなと感じて、前目にポジションを取っていました。相手選手のボールタッチが少し大きくなったところをしっかり狙えました。ボールを取った場所が結構前だったと認識できていたので、そのままゴール前に入っていこうと、ボールを取った瞬間から思っていました」

(残り 2154文字/全文: 2756文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック