【サッカー人気5位】【トリコロール研究所】上海上港戦でPK…

ヴォルティススタジアム

【直前レポート】会心の5連戦5連勝。そして、忘れよう。

前節・山形戦(1○0)、小西雄大の劇的ゴールによって勝利。試合内容としては5連戦最後、アウェイ戦、山形県という長距離移動、ピッチ状況も影響して質と量は苦労していた。しかしながら、兎にも角にも勝点3を積み上げた。

この5連戦5連勝。J2リーグの中で、唯一徳島だけが成し遂げた。

だが、忘れよう。

再び厳しい戦いが始まる。いま、何ポイント差がついたかどうかなどまったく意味がない。一瞬でも隙を与えれば、状況が一変してしまう「魔境」。それが、J2リーグ。

河田篤秀は「試合数が少なくなってきて最終順位を意識し始める頃だからこそ、より“一試合ずつ”という意識を持たなければいけない」と言及したが、目前の試合にフォーカスして最善の準備を尽くすのみ。また、準備に加えて、我々の直ぐ側に潜む新型コロナウイルスという目に見えぬ脅威とも戦い続けなければならない。

(残り 1755文字/全文: 2123文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック