【サッカー人気1位】大槻さん、そして今季のラスト4試合 こ…

ヴォルティススタジアム

【京都vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「負けたからといって大きく崩れるのではなくて、むしろ今までやってきたことに自信や誇りを持って、次の試合で勝てるように臨みたい」

■明治安田生命J2リーグ 第35節
11月21日(土)京都 2-0 徳島(14:03KICK OFF/NDスタ/8,589人)
得点者:30’仙頭啓矢(京都)57’ピーターウタカ(京都)
———-

○リカルドロドリゲス監督
「試合の立ち上がりはすごくいい入りができました。我々の狙っていたところをうまく突けていたと思います。そういった中でチャンスもありましたし、CKを獲得するところまでボールを持っていけていました。なかなかこじ開けることができず、相手のプレスからボールを失ってしまい、失点したことが試合を難しくしました。
後半は、人を代えながらやっていきましたが、その中で2失点目を喫してしまい、試合はさらに厳しくなってしまいました」

(残り 552文字/全文: 866文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック