【サッカー人気4位】【トリコトール 研究所】CCマリナーズ…

ヴォルティススタジアム

【金沢vs徳島】試合後の選手コメント:垣田裕暉「最後、チャンスを決め切れたことが大きかった」岩尾憲「勝てたことは良かったですが、それ以外のところでの個人とチームの課題が多く出た」+西谷、浜下、渡井

■明治安田生命J2リーグ 第37節
11月25日(水)金沢 3-4 徳島(19:03KICK OFF/石川西部/2,106人)
得点者:7’西谷和希(徳島)23’垣田裕暉(徳島)33’岩尾憲(徳島)42’加藤陸次樹(金沢)59’ホドルフォ(金沢)63’島津頼盛(金沢)80’垣田裕暉(徳島)
———-
○垣田裕暉選手
「(Q:試合後を振り返って)
最後、チャンスを決め切れたことが大きかったです。チームとしてまだまだ課題の多い試合ですし、自分も含めて反省することが多いです。

(Q:勝ち切れた要因は?)
僕たちはシーズン当初に3-0からひっくり返されて負けた愛媛戦を経験していて、みんなそれをわかっていました。そういった経験がチームとして力となっていて、3-3になった時点でも慌てずにまだ0-0だという気持ちでやれていたのが良かったと思います。

(残り 2441文字/全文: 2807文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック