【サッカー人気2位】【西部謙司の大予言】「時間」を操れるチ…

ヴォルティススタジアム

リカルド監督「(北九州は)チームとしてのスピード感もありますし、脅威的なチーム」石井秀典「みんながやるべきことをちゃんとやっている」西谷和希「高い位置からどれだけプレッシングをかけていけるかが徳島の生命線」ーJ2第38節:北九州戦に向けた監督・選手コメントー

○石井秀典選手
「(Q: 北九州戦は、石井選手がチームの中で一番縁がある選手だと思います。山形時代も含めて小林監督と長島監督、そしてリカルド監督から学んだものはどんなことだと思いますか?)
小林監督にはルーキーの頃からプロとしてのやり方を一から教えてもらったと感じています。
(具体的には)学生とプロの違いはミスの多さと少なさだと思います。ポジショニングや相手との競り方、タックルの仕方など、学生の頃の甘い部分とは違い、事細かに教えてもらったことがすごく印象的です。
長島監督とは、監督という関係よりも(山形時代に)コーチとして接している時間が長かったです。コーチとしての時間では個人練習に何度も付き合ってもらって、できるプレーを増やしてもらいました。
リカルド監督には、全く新しいことを教えてもらいました。サッカー選手としての伸びしろを伸ばしてもらいました。まだまだできていないことが多いですけど、年月はかかりましたが、少しずつできるようになってきたかなと思っています。

(Q:金沢戦でも勝負に対する姿勢がより見えました。去年との違いは何か感じますか?)
昨年と特別な差はないと思いますが、レギュレーションも一つ関係していると思います。連戦なのですぐ次の試合があり、否が応でも切り替えてやらなくてはいけません。終わった瞬間から次の試合のことを考えて1試合1試合戦っていることが、今年うまくいっているところかもしれません。うまくいっているからこそ、いつもなら深く悩むことでもそこまで悩まずにこれたという事もあると思います。

(Q:それはチームとしてはずっと勢いがあるという感覚ですか?)
勢いというより、試合に出ている選手も出ていない選手もみんながやるべきことをちゃんとやっているという事だと思います。

(残り 1019文字/全文: 1760文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック