【サッカー人気5位】「2021シーズンチーム編成診断③ ~…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs北九州】試合後の選手コメント:渡井理己「(垣田選手が)オフサイドなのが分かったので、自力で打開しようと思いドリブルを続けました」佐藤晃大「重要な試合でスタメンに起用してくれたことに感謝しながら、プレーで返そうと全力で走りました」+垣田、鈴木、福岡

■明治安田生命J2リーグ 第38節
12月2日(水)徳島 4-1 北九州(19:03KICK OFF/鳴門大塚/3,057人)
得点者:6’岸本武流(徳島)59’渡井理己(徳島)72’鈴木国友(北九州)84’垣田裕暉(徳島)90+3’浜下瑛(徳島)
———-
○渡井理己選手

Q:渡井選手のドリブルが起点になった3点目を振り返ってください。
「相手にボールを持たれていた時間帯だったので、何とか陣地を挽回したいという気持ちはありました。ドリブルを始めた時にディフェンス2枚がそれほど付いて来なかったので、縦方向へ仕掛けようという意識がありました。スルーパスを受けるために垣田選手が裏へ抜け出してくれましたが、オフサイドなのが分かったので、自力で打開しようと思いドリブルを続けました」

(残り 2822文字/全文: 3159文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック