J2で台風の目となるクラブ特集(J論)

ヴォルティススタジアム

【G大阪vs徳島】試合後の選手コメント:渡井理己「個人技術も戦う面でももう一つ上の段階に行かないといけない」福岡将太「この経験は必ず良いものになると思う」+岸本、浜下、田向

■第100回 全日本サッカー選手権 準決勝
12月27日(日)G大阪vs徳島(16:04KICK OFF/パナスタ/7,055人)
得点者:53’パトリック(G大阪)82’福田湧矢(G大阪)
———-
○渡井理己選手
「(Q:試合を振り返って)
J1でも2位のチームですし本当に申し分ない相手でした。力を試す思いと同時に勝ちたい思いがあって本当に悔しいです。ペナルティエリア付近まではボールを持っていけるんですが、その後のクオリティはJ1との差をチームとしても個人的にも感じました。その差が顕著に出たかなと思います。

(Q:来季につなげたいことは?)
もっと全員が成長しないといけないです。個人技術も戦う面でももう一つ上の段階に行かないといけないなと思いました」

(残り 1607文字/全文: 1933文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック