J2で台風の目となるクラブ特集(J論)

ヴォルティススタジアム

【G大阪vs徳島】リカルドロドリゲス監督記者会見コメント「今まで積み上げてきたものを良いサッカーの中で出し、結果を手にした選手たちを誇りに思います」

■第100回 全日本サッカー選手権 準決勝
12月27日(日)G大阪vs徳島(16:04KICK OFF/パナスタ/7,055人)
得点者:53’パトリック(G大阪)82’福田湧矢(G大阪)
———-

○リカルドロドリゲス監督

「今日試合をやってみて、立ち上がりは相手にボールを握られる時間もありましたが、決して我々が劣っている印象はありませんでした。我々が主導権握りながらゲームをコントロール出来ていたと思います。相手陣内でのプレー回数や、相手が我々のペナルティーエリア内に来る回数を減らす狙いは上手く出来ていました。失点してからはリスクをかけて2トップにしたのでカウンターを食らう場面がありましたが、それ以外はコントロール出来ていたのではないかと思います。その後もチャンスはありましたし、得点してもおかしくない場面があり、チャンスの数では相手に劣っているとは思わなかったです。しかしJ1のトップチームと戦う時は小さなミスが命取りになるということを感じました」

Q:今日が徳島ヴォルティス最後の指揮となりました。心境を聞かせてください。
「決勝まで進みそこで勝利すると映画のようになったのですが、簡単にそうはさせてもらえませんでした。しかし、今季チームは勝利をたくさん積み上げましたし、リーグ戦の優勝とJ1への昇格を果たし、クラブの歴史に足跡を残すことが出来たと思います。今まで積み上げてきたものを良いサッカーの中で出し、結果を手にした選手たちを誇りに思います。四年間やってきて、選手やクラブの成長の助けに少しはなれたのかなと思います。いろいろな部分でそれぞれが向上していくのも感じられましたし、何よりもファン・サポーターの皆さんから熱い声援をもらったおかげでここまで来られました。ですからまずは彼らに感謝を申し上げたいです。我々が勝利を重ねることで多くの人が幸せになってくれたのなら本当に嬉しいことです」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック