J2で台風の目となるクラブ特集(J論)

ヴォルティススタジアム

スローガンは『壱(ONE)』。渡井、西谷、上福元の3選手が新ユニフォームを着て登場!~徳島ヴォルティス 2021シーズン 新ユニフォーム発表会・新加入選手会見(1)~

本日行われた、徳島ヴォルティス 2021シーズン 新ユニフォーム発表会・新加入選手会見の様子をお届けしています。
会見の模様は徳島ヴォルティス公式youtubeチャンネルでも掲載されています。

~2021年のスローガンと目標について~

今年のチームスローガンは『壱(ONE)』。NHK大河ドラマ『龍馬伝』のタイトルなど数々の作品を手掛け、最前線で活躍している書家/アーティスト・紫舟さんによる書下ろしとなっている。

○岸田一宏社長
「新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。また本日は大変お忙しい中お集まりいただきまことにありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。
早速ではございますが、私の方からスローガンの発表をさせていただきます。
今シーズンのスローガンは壱(ONE)です。壱と書いてワンと読みます。

壱という言葉の意味を説明させていただきます。
ひとつ。
みな。
すべて。
もっぱら。
ひろえに。
(そのことばかりに打ち込むさま。いちずに)

このスローガンの由来や成り立ちについて今シーズンに向かう思いと合わせて説明させていただきます。

2021シーズン、J1のステージに復帰することができました。J1定着に向け、新たな未来へ進む第一歩として臨んでいきたいと思います。そのために自分たちのスタイルを信じ、そして貫き通し、魅力あるサッカーをお見せし、目標はJ1定着ですが、一つでも上の順位を狙ってまいります。
今シーズンもコロナ禍による入場制限が予測されますが、平常時の1試合の平均入場者数の目標は1万人を目指します。そして徳島ヴォルティスに関わっていただいているすべての皆様と共に、一つとなって戦います。
ここまで進んでこれたのも、ひとえに応援していただく全ての皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。
徳島ヴォルティスは、スポーツ(サッカー)を通じて徳島県の活性化に貢献できるように努めてまいります」

新ユニフォーム発表に登場した西谷(2nd)、渡井(1st)、上福元(GK)の3選手。今季の意気込みについても語った。

~新ユニフォームで戦う今シーズンの意気込み~

○渡井理己選手
「今シーズンは7年ぶりのJ1 となります。徳島の多くの方々が望んでいた舞台に帰ってこれたことを嬉しく思います。昨シーズンから徳島を背負って戦うと決意してくれた選手と新たに入ってくれた選手が力を合わせて開幕から全力で戦っていけるように頑張ります」

○西谷和希選手
「僕自身もそうですが、まずはJ1に挑戦するという気持ちで戦います。ここまで積み上げてきたこの徳島のサッカーのスタイルを継続して、それをみんなでより成長させて、J1で徳島ヴォルティスの素晴らしさを広められるように、結果と内容にこだわってやっていきたいと思います。頑張ります!」

○上福元直人選手
「今日までチームはオフですが、チームのみんなよりも一日早くユニフォームに袖を通して、いよいよ始まるんだなと身の引き締まる思いです。今シーズンはJ1で挑戦することになりますが、誰もが難しいシーズンになると予想を立てています。僕らもそれを覚悟していますが、昨シーズンより自分たちが成長する姿勢を貫いて成長していければ、いい結果が得られると思います。徳島を支えてくださる全ての方々と協力して、シーズンを戦い抜いていきたいと思います」

青と緑を基調とし、鳴門海峡の渦(ヴォルティス)をデザインに取り込み力強さを表現しました。緑色のアクセントで渦に差し込む太陽の光をイメージし、明るい新たな未来へ向かう想いを表現しています。(リリースより)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック