J2で台風の目となるクラブ特集(J論)

ヴォルティススタジアム

高知キャンプ3日目午後:始動してから初めてミニゴールを使ったトレーニングを実施。松澤香輝「みんなが意識高く取り組めている」鈴木輪太朗イブラヒーム「結構大変ですけど、楽しめてやれています」

午後のトレーニングは始動してから初めてミニゴールを使ったトレーニングを実施。攻守の方向性を付け、よりゲームをイメージしやすい内容となりました。
ハードなトレーニングが続きますが、選手たちはチームと個々のレベルアップのため、ポジティブに取り組んでいます。


ハードワークを欠かさない西野選手。インテンシティも高まってきました。


プレーが切れると選手間で意見交換する姿がよく見られました。コミュニケーションはばっちり。


徳島のビルドアップには GK選手たちの足元の技術が必須。

鈴木 輪太朗 イブラヒーム
大きな体格を生かし、積極果敢に攻める鈴木 輪太朗 イブラヒーム選手。

プレーの間で甲本ヘッドコーチから細かいアドバイス。若手選手たちも多くのことを吸収しています。

昨シーズン終盤、スタメンの座を掴みとった浜下選手。キャンプから気合い十分な様子。

どんなトレーニングにも熱心に向き合う鈴木 大誠選手。筋トレも最後まできっちりやり遂げました。

自身の課題にフィジカル面を挙げた藤原選手。筋トレも全力で頑張っています。

※練習後、松澤香輝選手、鈴木輪太朗イブラヒーム選手に話を伺っています。

(残り 778文字/全文: 1242文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック