現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

ヴォルティススタジアム

【大分vs徳島】試合後の選手コメント:岸本武流「(ゴールシーンは)無我夢中でした。J1初ゴールを取れたことは素直に嬉しいです」岩尾憲「(後半)いい形で対応された後に、自分たちがどうやってフィニッシュまで持っていくのかが今日出た一番の課題」

■明治安田生命J1リーグ第1節
2月27日(土)大分 1-1 徳島(14:03KICK OFF/昭和電ド/7,012人)
得点者:37’岸本武流(徳島)59’渡邉新太(大分)
———–
○岸本武流選手
Q:J1での初試合となりました。試合の感想を聞かせてください。
「前半、自分たちのいい形でボールをつないでビビらずにやれていたと思いますが、後半少し崩れはじめてから、相手に主導権を握られたのかなと感じています」

Q:前半はやや右肩上がりの前半でしたが、それは狙い通りだったんですか?
「狙い通りで、吹ヶ選手がいいバランスを取ってくれたので、攻撃にも参加しやすくで、守備もいい形で守れたと思いました」

Q:勝利はできませんでしたが、J1での今季の初ゴールを決めたことについては?
「無我夢中でした。J1初ゴールを取れたことは素直に嬉しいです」

(残り 2664文字/全文: 3029文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ