現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

ヴォルティススタジアム

【FC東京vs徳島】試合後の選手コメント:小西雄大「個人がもっと自分が持っているアイデアを出していいんじゃないかと思う」渡井理己「全体的に外回しになっていて、もう少し真ん中にもう少しボールを付けていければ良かった」

■JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第1節
3月3日(水)FC東京 1-0 徳島(18:03KICK OFF/味スタ/3,788人)
得点者:59’田川亨介(FC東京)
———–
○小西雄大選手
Q:試合後甲本コーチから「ビルドアップがうまくいかなかった」という話があったのですが、どういう所が厳しかったのでしょうか?
「前半はできていたと思います。中でやっている感触では悪くなかったと思います。あれを続けていければ相手の足も止まってきたと思います。後半みたいなサッカーをしていると、後々きつくなってしまうと感じました。
(後半は)ボールが持てなかったので、その分相手にボールを持たれる時間が長くなり守備に回る時間が長くなってしまいました。横にスライドしたり前後に動いたりの繰り返しで、最後の10分くらいは運動量が明らかに落ちました。そういったところは、僕らはボールを持つチームなので、しっかりと積み上げてしっかりやっていきたいです」

(残り 1153文字/全文: 1572文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ