【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!】[磐田vs松本]誤…

ヴォルティススタジアム

甲本ヘッドコーチ「強い気持ちを持って、サポーターの皆さんと一緒に勝利できるように戦っていきたい」藤田譲瑠チマ「セカンドボールや守備のリスクマネジメントは、意識しながらやっていきたい」吹ヶ徳喜「記念すべきJ1でのホーム初勝利を飾れるように僕たちは全力で戦います」ーJ1第2節:神戸戦に向けたコメントー


○藤田譲瑠チマ選手
Q:大分戦を振り返って。
「前半は効果的にボールを回すことができました。味方同士の距離感も良くてボールを回すテンポも速かったので相手も捕まえにくかったと思います。その中で自分たちも前の選手との関係を意識しながらゴールに迫ることができました。相手を自陣に押し込んでいたのでカウンターもなかったですし、そういったことが前半、ゲームを支配できた要因だと思います。
後半は自分たち自身の距離感も遠くなってしまって、相手の状況やボールの取りどころがうまく確認できずに、不利な状況へと自分たちがボールを運んでボールを取られてしまいました。後半良くなかったのはそういったところだと思います」

Q:個人的な手応えについてはいかがでしたか?
「開幕するまでは自分がスタメンになれるかどうかはわかりませんでした。開幕1週間前に何をすべきか頭の中を整理して、週明けの練習からサッカーに集中することができました。そういったことが開幕戦につながったと思います」

Q:神戸の印象について。
「神戸は一人一人のレベルが高いチームだと思います。自分たちがボールを持ちながらゲームを支配したいというサッカーコンセプトでやっていますが、ボールを奪われた後のカウンターには気を付けたいです。相手のカウンターに関しては一人でもゴール前まで持っていける選手が多いと思うので、そこへボールをつながせないようにセカンドボールを拾うことや守備のリスクマネジメントは、意識しながらやっていきたいです」

Q:中盤では山口選手やサンペール選手とマッチアップします。
「きちんとプレーを見たことがあるのは山口蛍選手ですが、ボール奪取能力は自分がお手本している選手です。(山口選手に)負けないようにプレーしながら、試合中も学びながらプレーできたらいいなと思います。日本代表に入っていた選手ですし、そういった選手の基準に追いつけるようにしっかり頑張りたいです」

Q:去年までチームメイトだった井上潮音選手も開幕戦で生き生きとプレーしていましたね。
「楽しそうにやっていたので良かったです(笑)。潮音くんは自分でゲームを作りたいというか自分中心にテンポを出したい選手で、東京V時代と変わっていなくて自由にやっている印象です。いつも通りの潮音くんでした(笑)」

(残り 1083文字/全文: 2030文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ