0‐7の処方箋(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs大分】甲本偉嗣ヘッドコーチ記者会見コメント「良い場面を作れてはいたと思いますが、絶対数が少ないので、ここからまた積み上げていけるようトレーニングしていきたい」

■JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第2節
3月27日(土)徳島 0-1 大分(14:03KICK OFF/鳴門大塚/2,322人)
得点者:5’長沢駿(大分)
———–

○甲本偉嗣ヘッドコーチ
「早い時間帯にクロスから失点をしてしまい、後手を踏むことになってしまいました。流れ的には僕たちがボールを握る時間帯もあったので、そこでもう少し効果的なビルドアップができればよかったのですが、そのための修正が少し遅かったかなという印象です。
良い場面を作れてはいたと思いますが、絶対数が少ないので、ここからまた積み上げていけるようトレーニングしていきたいです。

(残り 476文字/全文: 756文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ