ヴォルティススタジアム

【徳島vs大分】試合後の選手コメント:田向泰輝「『全員がやろうとしていた』というだけの試合が、ズルズルと続いてしまうことはいけない」渡井理己「相手を困らせるような攻撃ができなかった」+浜下、鈴木大、佐藤

■JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第2節
3月27日(土)徳島 0-1 大分(14:03KICK OFF/鳴門大塚/2,322人)
得点者:5’長沢駿(大分)
———–
○田向泰輝選手
Q:久しぶりの公式戦でしたが、ゲーム体力はどうでしたか?
「実際にやってみると、トレーニングやトレーニングマッチとは疲労感も違っていたので、正直きつさを感じながらプレーしていました」

Q:プラン通りのゲームの入りにはなりませんでしたが、SBとして求められていた役割はどのようなことでしたか?
「好守においてバランスを取りながらプレーする役割がありました。基本的には僕と逆の右が高い位置を取るので、僕はボランチの横をカバーしたり、守備に切り替わった時の立ち位置を意識しました。また攻撃では渡井選手や藤原選手のサポートに入ったり、連携して時間を作りながらビルドアップに参加しました」

(残り 2829文字/全文: 3213文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ