【サッカー人気5位】過去2年最も低調な内容

ヴォルティススタジアム

【清水vs徳島】甲本偉嗣ヘッドコーチ記者会見コメント「清水さんのビルドアップに対して僕らがどうプレッシャーをかけるのか上手くはまりました」

■明治安田生命J1リーグ第6節
4月4日(日)清水 0-3 徳島(14:03KICK OFF/アイスタ/7,464人)
得点者:28’宮代大聖(徳島)54’岩尾憲(徳島)90+2’垣田裕暉(徳島)
———–

○甲本偉嗣ヘッドコーチ
「前半いい形で得点を奪えて、僕らのいい時間帯を作ることができました。守備のところでうまくスイッチが入って、いい形でボールを奪う事が何度かできていたので、それが功を奏した印象です。
後半、ラッキーな形でのPKで追加点を奪った後、そこから清水さんのプレッシャーを受けて清水さんの流れになりそうでしたが、そこに対してもしっかり選手たちがまとまってやってくれました。最後にダメ押しの3点目を挙げてくれたので、いい試合になったと思います」

Q:今日のゲームではどんなプランを持っていましたか?また鈴木徳真選手の起用について教えてください。
「今日に関しては、清水さんのプレッシャーをいかにかいくぐれるか1週間トレーニングしてきました。そういった中でいい形でボールを動かすことができて、さらに清水さんのビルドアップに対して僕らがどうプレッシャーをかけるのか上手くはまりました。ゲームプランとしてはいい形で進めることができました。
鈴木徳真に関しては、元々力のある選手でずっといい調子でしたが、特に今週いいパフォーマンスを見せていたので起用を選択しました」

(残り 689文字/全文: 1271文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ