【サッカー人気5位】米独目線で考える「スーパーリーグ頓挫の…

ヴォルティススタジアム

【神戸vs徳島】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「選手たちがいいプレーをしてくれて初勝利を挙げることができて満足していますし、チーム全員のことを誇りに思っています」

■JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第3節
4月21日(水)神戸 0-1 徳島(18:03KICK OFF/ノエスタ/2,184人)
得点者:30’河田篤秀(徳島)
———–

○ダニエルポヤトス監督
Q:試合を振り返って。
「試合前からヴィッセル神戸さんのような素晴らしいチーム相手に難しい試合になることはわかっていましたが、予想以上に難しい試合になりました。前半は自分達が少しボールを持つことができましたが後半、神戸さんのプレスに少し苦しみました。ただ全体的にはいい試合ができたと思います」

Q:今日の試合で徳島に優位性があった部分は?
「中盤のところで自分たちが目指すオーガナイズを作ってくれました。特に今日は小西選手が相手のラインを超えるためにいいポジションを取ってくれました。また小西選手だけではなくて中盤の選手が特に試合を理解してくれて、いいポジションを取ってくれました」

Q:初出場となったバトッキオ選手について。今日はボランチでのプレーでしたが、そこが最適なポジションということでしょうか?
「彼はプレーを理解するのが上手い選手です。その状況でプレーすることができます。中盤であればどこでもできます。サイドでも中に入ってもプレーできます」

Q:指揮を取られて初勝利を挙げたことについて。
「本当に嬉しく思っています。(来日できず)バルセロナからの仕事は本当に難しくて、本当に困難な状況が続いていました。その中で来日できて本当に勝たなくてはいけないプレッシャーがあった中で、選手たちがいいプレーをしてくれた中で初勝利を挙げることができて満足していますし、チーム全員のことを誇りに思っています」

Q:初先発となったドゥシャン選手や西谷選手も含めた、これまでリーグ戦で出場機会が少なかった選手たちの評価について。
「今日プレーしてくれた全員に満足しています。特にこれまで出場時間が短い選手たちが出場してくれましたが、彼らがしっかりと自分の力を証明してくれました。また怪我から戻ってきてくれたドゥシャン選手、や西谷選手、田向選手も素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。チーム全体のパフォーマンスに満足しています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ