【サッカー人気2位】移籍と残留で揺れ動いた夏。 渡辺皓太…

ヴォルティススタジアム

【柏vs徳島】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「序盤で自分たちのミスとセットプレーから失点してしまい、試合をコントロールできなくなってしまった」

■明治安田生命J1リーグ第11節
4月24日(土)柏 5-1 徳島(16:03KICK OFF/柏/4,374人)
得点者:9’呉屋大翔(柏)27’江坂任(柏)30’椎橋慧也(柏)48’仲間隼斗(柏)64’呉屋大翔(柏)74’宮代大聖(徳島)
———–

○ダニエルポヤトス監督
Q:試合を振り返って
「とても難しい試合になってしまいました。(試合の)序盤で自分たちのミスとセットプレーから失点してしまい、試合をコントロールできなくなってしまいました。ただ選手たちが示してくれた姿勢には満足しています」

Q:攻撃面について課題と感じていますか?
「特に最初の失点から一人一人ボールを持つところの自信を失ってしまい、メンタル的に今日の試合は難しくなってしまいました。
オーガナイズに関しては悪くなかったと思いますしポゼッションもできていましたが、危険なゾーンでのプレーや今日の試合であれば宮代選手のところでライン間の選手をもっと見つけることができればよかったと思います。アタッキングサードの部分については改善しなくてはいけないと思います」

Q:後半にシステムを3-6-1に変更した理由は?
「状況に適応しなくてはいけないなと思い(変更しました)。小西選手を入れたりして、中央で数的優位を作ろうと思っていました」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ