【サッカー人気5位】浦和式ゼロトップが機能して完勝するも、…

ヴォルティススタジアム

【直前レポート|第12節・鳥栖戦】示した戦い、越された順番

小西

ルヴァン杯GS第4節・FC東京戦(1△1)、セットプレーからの失点は課題として残されたまま。しかしながら、「表現できたサッカーは監督が目指しているサッカーに近いものだったと思う」(小西雄大)の言葉通り、その内容からはダニエルポヤトス監督の目指す一端を垣間見ることができた。

「パス、パス、パス」。

(残り 2430文字/全文: 2577文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ