【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2…

ヴォルティススタジアム

【鳥栖vs徳島】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「我慢しながらしっかりと忍耐強くこの状況を乗り越えてチームを改善していきたい」

■明治安田生命J1リーグ第12節
5月1日(土)鳥栖 2-0 徳島(16:03KICK OFF/駅前スタ/6,950人)
得点者:55’山下敬大(鳥栖)75’仙頭啓矢(鳥栖)
———–

○ダニエルポヤトス監督
「前半チームとしていいプレーをしましたしゲームをコントロールできていました。相手に快適にプレーはさせませんでした。後半、不運なゴールを入れられてしまってから、チームとしてリズムを失ってしまいました」

Q:守備時に前線が2トップというよりも縦関係の2トップのように見えましたが、その狙いは?
「どの試合でも意図はありますし、今日は鳥栖さんにダメージを与えるためにあの形でプレッシングにいきました」

Q:セットプレーの評価について。これまでの守り方から少し変化を加えていました。そのあたりの準備について。
「今のところ解決策を探している中でああいった形でやりましたが、一日でも早くこのテーマを解決しなくてはいけませんので、スタッフも解決するための仕事をしています」

Q:今日は鳥栖のプレッシャーを回避するために、少し距離を取った立ち位置に見えました。相手の連動性を削ぐ狙いがあった一方で効果的な攻撃ができなかったようにも見えました。攻め崩せなかった要因は?
「鳥栖さんは本当に強いチームで、いろいろなことが要求される試合でした。鳥栖さんの5バックをどう崩していくのかが今日の課題でした。その中で前半、宮代選手のところでワンチャンス作ることができました。
チームに合流してからまだ数週間しか経っていなくて、時間が無いこともわかっていますが、我慢しながらしっかりと忍耐強くこの状況を乗り越えてチームを改善していきたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ