【サッカー人気2位】オーストラリア戦、地域CL組み合わせ、…

ヴォルティススタジアム

【大分vs徳島】試合後の選手コメント:安部崇士「『もっとアグレッシブにやらなければいけない』という監督の言葉が自分たちを動かしてくれた」+藤田征也、浜下瑛

■JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第5節
5月5日(水)大分 1-1 徳島(14:03KICK OFF/昭和電ド/3,987人)
得点者:14’髙澤優也(大分)84’カカ(徳島)
———–
○安部崇士選手
Q:厳しい試合でしたが、試合を振り返って。
「カカ選手が点を取ってくれたんですけど、その前からチーム全体で相手を押し込んでやれていました。厳しかったですけど後半は好材料もありました。
ダニエル監督も『前半の自分たちのプレーでは(J1では)やっていけない。前半のプレーは去年のプレーだ』と言っていましたが、アグレッシブさに欠けていましたし、一人一人の強さや落ち着きが全然ありませんでした。厳しいですけど、でも少し明確になったというか、やらなければいけないことが明確になったので、リーグ戦に出場している選手たちにも言えることが多い試合になったと思います」

(残り 1377文字/全文: 1758文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ