【サッカー人気3位】【トリコロール研究所】マリノス逆転優勝…

ヴォルティススタジアム

【広島vs徳島】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「今日の勝利はファン・サポーターの皆さんに贈りたいし感謝したいと思います」

■明治安田生命J1リーグ 第13節
5月9日(日)広島 0-1 徳島(16:04KICK OFF/Eスタ/3,190人)
得点者:63’岸本武流(徳島)
———–

○ダニエルポヤトス監督
「本当に広島さんはいいチームなので、難しい試合になると考えていましたし、本当に難しい試合になりました。
前半はある程度自分たちのゲームプランで試合を進めることができました。後半もゴールを取るまでは自分たちのゲームプランでプレーできていましたが、得点後は広島さんも前へ出てきて自分たちのプランを少し失ってしまいました。ただチームとしての振る舞い方、そして戦う姿勢を証明してくれたので、本当に良かったと思います」

Q:チームの指揮を執り始めてからのリーグ戦初勝利の感想を教えてください。
「ありがとうございます。本当に今幸せを感じています。プレシーズンから大変難しい状況があった中での今日の初勝利に幸せを感じています。選手たちが本当に素晴らしい振る舞いを見せてくれました。札幌戦では結果がついてこなかったですけど、今日はしっかりと結果が付いてきてよかったです」

Q:福岡選手がいつもよりも浮き球のロングボールが多かったですが、そこは狙っていた部分ですか?また垣田選手のプレーについての評価を教えてください。
「福岡選手は、プレーの中で有効なパスを探していく中でああいうロングボールが増やして有効的に使っていきました。試合終盤はドゥシャン選手の良さを出すために交代しました。垣田選手もいつもチームを助けてくれる選手で、前線で体を張ってくれてファウルをもらってくれて、チームのためにしっかりと貢献してくれました」

Q:監督指揮後リーグ戦初勝利となりました。難しい試合が続いていましたが、勝利したことで監督の目指すサッカーに向けての大きな一歩になりますか?
「本当に勝利はビタミンのようにチームにパワーを与えてくれる要素だと思っています。そして何よりも、今日の勝利はファン・サポーターの皆さんに贈りたいし感謝したいと思います。結果が出ない中でも、スタジアムやTVの向こう側から声援を送ってくれていてチームのパワーになっていました」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ