【サッカー人気5位】小菊監督「2失点とも私たちが予測してい…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs横浜FM】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「前半は疑問を持ちながらプレーする場面も見られましたが、修正出来た後半は同点のチャンスも作ることができた」

■明治安田生命J1リーグ 第20節
6月27日(日)徳島 0-1 横浜FM(18:03KICK OFF/鳴門大塚/5,488人)
得点者:27’オウンゴール(横浜FM)
———–

〇ダニエルポヤトス監督
「前線に強力な選手がいる横浜F・マリノスとの試合は難しくなると予想していましたが、実際その通り難しいものとなりました。ただし、チームのパフォーマンスには満足しています。前半は疑問を持ちながらプレーする場面も見られましたが、修正出来た後半は同点のチャンスも作ることができました」

Q:コメントにあった「疑問を持ちながら」とは、どの部分を指していますか?

「プレッシングの部分です。ただし、相手はACLを戦っていけるような素晴らしいチームであったことを考えると、想定の範囲内でした」

Q:今日は最終ラインの組み合わせが大きく変わりましたが、どういう意図や予測があってのことでしたか?

「相手の前線に速い選手がいるので、その選手たちのことを考慮した上でのことです。それから、自分たちのスタイルとして前へプレスをかけに行くので、背後に生まれるスペースをコントロールすることについても考えて選びました。全体的に上手くいったと思います。セットプレーによる失点はありましたが、得点するチャンスも作れましたし良かったと思っています」

Q:70分頃から中間で受けられるようになりましたが、最終版にはどのような方法を考えていましたか?

「おっしゃる通り、我々にとって良い時間になっていました。相手も選手が交代してプレスの強度も落ちていたので、試合をコントロールすることができていました。終盤における我々の交代は、スペースをどう見つけ、どう攻略していくのかを改善していくための交代でした」

Q:観客席へ挨拶をして回っている時、奥の席へも行こうとしていらっしゃいましたね。

「今日は多くのサポーターが来てくれていました。我々をサポートしてくれる皆さんに挨拶をしたかったからです」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ