今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

ヴォルティススタジアム

ダニエルポヤトス監督「ゴールするために全てのプレーがある」垣田裕暉「選手がもっと思い切ってやることが必要」カカ「今やっているサッカーを信じてやり続けることが重要」ーJ1第22節・清水戦に向けたコメントー


〇垣田裕暉選手

Q:現在攻撃陣としては苦しい状況かと思います。点を取る役割が求められますが、そのために今どういったプレーが欲しいですか?
「押し込んだ時に積極的にクロスや縦パスを入れてもらうとか、自分が点を取れなくてもチャンスを作れる位置にボールを運んでもらいたいです。そういったプレーがもう少し欲しいです」

Q:クロスや縦パスが少ない要因は?
「ダニエル監督とみんなで話をしながらやっていますが、監督はすごく自由にやってほしいという部分もありますし、こうしてほしいと要求する部分があります。相手陣内で保持したいという目的がある中で、クロスを上げたり縦パスを入れることは、どうしても相手ボールになるリスクが高いです。ただ勝負のパスというのはそもそも奪われるリスクが高いものだと思うので、ボールを保持する時間も必要だと思いますが、もっとゴールへ積極的に向かう必要もあると思います。その点については監督も自由にやっていいと言ってくれているので、選手がもっと思い切ってやることが必要なんじゃないかと思います」

Q:清水戦に向けて。
「勝てない試合が続いていますが、切り替えて目の前の1試合に集中したいです。難しいところはありますが、まずは試合に勝つことを意識して、何としてでも勝つんだという気持ちでピッチに立って、戦う姿勢を見せることが一番大事なんじゃないかと思います」

(残り 948文字/全文: 1524文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ