J2総括と2022シーズンを早速展望するLIVE(J論)

ヴォルティススタジアム

ダニエルポヤトス監督「一人でも多くの方に来ていただき後押しをしてほしい」渡井理己「勝って恩返しという形で表現できればいい」垣田裕暉「必ずホームで勝って、ファン・サポーターの皆さんと喜びを分かち合いたいーJ1第25節・浦和戦に向けたコメントー


〇渡井理己選手

Q:浦和戦は気合が入りますか
「それほど変わらないですね」

Q:リカルド監督について
「ここまでこれたのもリカルド監督のおかげですし感謝していますが、勝って恩返しという形で表現できればいいなと思っています」

Q:選手として伸ばしてもらった部分は?
「全部だと思います。右も左もわからない状態でプロに入ってきて、一から教えてもらった感じがあるので、本当に感謝しています。思い切って自分を起用してもらい、簡単な決断ではなかったと思いますが、自分の可能性を見出してもらったので感謝しています」

Q:ここ最近渡井選手らしいプレーも増えてきた印象があります。
「立ち位置に関して当初は悩みがありました。チームの戦い方として、去年に比べるとかなり変わったのでそれに順応することにかなり時間がかかりました。去年はだいぶ自由に動いてボールを触りながら前に入っていく感じでしたが、今年に関してはある程度立ち位置が決められた中でボールに触れない時間が長くなってしまい、もどかしい部分はありましたが、最近は少しずつそれに対して慣れてきたかなと思います」

Q:宮代選手とのコンビネーションについて
「全体的にバランスがしっかり取れているので真ん中で動きながらでもうまくできていると思います。その要因としては彼の存在が大きいと思います。特に今年はCBがシャドーについてくる回数が多いので、FWの位置でフリーになってうまくボールを受け、そこで時間を作れることで攻撃が上手くいっているのだと思います」

(残り 835文字/全文: 1468文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ