【サッカー人気4位】様々な要素を孕んだ“変身”。深刻さを増…

ヴォルティススタジアム

ダニエルポヤトス監督「決めきる、その一言に尽きると思います」ジエゴ「(前回の柏戦から)学べるポイントがたくさんあったので、そこをしっかり反省して試合に臨みたい」宮代大聖「まずはチームのスタイルをしっかり表現して、相手を上回れば勝点3は必ずついてくる」ーJ1第26節・柏戦に向けたコメントー


〇ジエゴ選手
Q:最近のご自身のプレーについて
「個人としてもそうですが、チームとしても1人1人が戦術理解してフィットしている感覚がありますし、チームとしてつながっていると思います。個人が成長すればチームも成長しますし、逆もまた然りだと思います。このままみんなで進んでいきたいと思います」

Q:最終ラインで変化してきたことはありますか?
「ビルドアップでも攻撃への対応でも攻守において重要なポジションです。シーズンを通してみると、大量失点で負けている試合もありますが、失点はそれほど多くないですし、その失点も多くは崩されたというよりも自分たちのミスが原因です。そこをもっと改善していって勝点3につなげていきたいと思います」

Q:先日の浦和戦でも前からボールを奪える回数が目立ちました。
「相手によってはプレスのしやすさが変わりますが、今自分たちがやっている守備のスタイルはプレスが求められていて、今年はそういった守備のチャレンジが多くなっています。連携面でも質が上がってきていますし、今は自信を持ってボールにチャレンジできています」

Q:柏戦に向けて
「前回対戦では監督も合流して間もないこともあり戦術的にも連携面でもフィットしていませんでした。ただ今は連携や戦術理解もチームとして高まっています。前回の対戦は残念な試合でしたがその試合から学べるポイントがたくさんあったので、そこをしっかり反省して試合に臨みたいと思います」

(残り 1138文字/全文: 1742文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ