【サッカー人気4位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

ヴォルティススタジアム

【名古屋vs徳島】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「退場するまではしっかりとコントロールして戦えていた」

■明治安田生命J1リーグ 第28節
9月10日(金)名古屋 3-0 徳島(19:04KICK OFF/豊田ス/4,964人)
得点者:52’マテウス(名古屋)83’オウンゴール(名古屋)89’金崎夢生(名古屋)
———–

〇ダニエルポヤトス監督
「本当に難しい試合になったと思います。J1の素晴らしいチームである名古屋相手に徳島は戦ってくれたと思います。退場するまではしっかりとコントロールして戦えていましたし、退場してからも同じくコントロールして戦えていたと思います。不運なオウンゴールが入ってからは、1人少ない自分たちにとってはダメージになったと思います」

Q:試合前、どんなゲームプランを持ってスタートしましたか?
「相手のバランスを崩していきながら、自分たちがしっかりと相手をコントロールしながら相手にナーバスな気持ちを与えたかったです。そこが少しずつできはじめて試合も均衡しチャンスも作れていたと思います。本当にビッグクラブと戦うことは難しいことだなと思いました」

Q:ボールを持たずに相手をコントロールしようとしていたのか?
「こういったデュエルが強い相手にどう戦っていくのか、本当に徳島は最後まで戦えていましたし、今日の試合でも福岡戦でも最後に失点してしまいませんが、チーム全員のことを誇りに思いますし、最後まで戦ってくれたなと思っています」

Q:退場者が出てこれ以上の結果が見込めない試合になってしまいましたが、次の試合に向けてどう立て直していくのか?
「分析をしっかりして、チームを改善していくしかないと思います。ムシャ(バケンガ選手)も合流してくるので、本当に退場が無ければ最後まで戦えたんじゃないかと思いますし、退場とPKが重なったことでチームとしてかなりダメージを与えられたと思います」

Q:名古屋がデュエル強いということでしたが、今日はファウルしてしまうことが多くなってしまった印象だが?
「チームがプレーして戦った結果かなと思います。普通にプレーした中でファウルが多い時もあるし少ない時もあります。その中で審判が最後にジャッジを下すことになります」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ