J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

ヴォルティススタジアム

【愛媛vs徳島】試合後の選手コメント・試合フォト

■Jエリートリーグ グループB 第4節
9月26日(日)愛媛 0-1 徳島(15:00KICK OFF/徳島スポーツビレッジ)
得点者:57’垣田裕暉(徳島)


○垣田裕暉選手
Q:今日のゲームを振り返っていかがですか?
「勝つことにこだわって臨んだ試合だったので、1-0ですが勝てたことに大きな意味のある試合だったと思います」

Q:若い選手が多く出場していましたが、チームとしての雰囲気はいかがでしたか?
「小さなズレはいくつかありましたけど、みんながやるべきことをやって、しっかりと走っていたので良かったと思います」

Q:ご自身が決めた決勝点について教えてください
「いつも練習からシュートの感覚は磨いていますし、昨シーズンの経験も生きています。今日も少し距離はありましたが、リラックスして打つことが出来ました。ああいったゴールを決められるよう日々頑張っているので、それが出せて良かったと思います」


○藤原志龍選手
Q:昨日の仙台戦はベンチ入りを果たすものの試合に出られませんでした。今日はどんな気持ちでピッチに立ちましたか?
「昨日の悔しさとそういうものは特になくて、とにかく『自分のできることをしっかりやってやろう』って気持ちで試合に入りました」

Q:90分フル出場で勝利に貢献しました。ご自身のプレーはいかがでしたか?
「今日は、選手の間にポジションを取って、味方とコミュニケーションを取りながら相手を崩すように、との指示を受けてピッチに入りました。自分の得意とする、サイドで受けて前に仕掛けるというプレーではなかったのですが、攻守の両面で求められるプレーが出来たように感じています」

Q:今日の勝利がチームに与える意味を教えてください。
「とにかく勝ちたいと思っていました。エリートリーグに勝ち続けることで、リーグ戦のメンバーに前向きなプレッシャーを与えられればいいなと思っているので、そういう意味でも勝てたことは大きいと思います。もちろん、今日出場した選手にとっても、勝つことがリーグ戦に出るためのアピールになると思います」

Q:リーグ戦の残りも少なくなりました。どのように貢献したいと考えていますか?
「昨日、久しぶりにベンチに入れたように練習でのアピールはしっかりと見てくれていると思います。残り試合で試合に出られるように練習から積み重ねて、少しでもチームの力になれるよう頑張りたいと思います」


○後東尚輝選手
Q:今日の試合は初のスタメン出場となりました。準備はいかがでしたか?
「特に緊張することもなくて、いつも通りの気持ちで試合に入れました」

Q:試合に向けて指示やアドバイスなどはありましたか?
「いつものことではありますが、中河コーチからはチャレンジするところはチャレンジして、固くいくところは固くいこう」とアドバイスをもらいました。個人としては0点で抑えることがなによりも一番大切だと思ってたので、そこは強く意識していました」

Q:結果として無失点の勝利に貢献しました。自己評価はいかがですか?
「あらためて振り返ると、慌ててしまうシーンもあったと思います。もっと広い視野を持って、まわりの選手とコミュニケーションを取りながらプレーできていれば良かったかなと思います」

Q:今日の試合で得たものを教えてください
「今日の試合に出てプレーしたことで、自分に何が足りないかということを再確認できたと思っていて、自分にとってはとても価値のある経験が出来たと感じています。
試合に出ることで経験値は高められるので、もっと試合に出られるようにアピールしていきたいと思います」

Q:残りのシーズンの中では、どのような貢献をしたいと考えていますか?
「今シーズンは「チームに貢献する」ことを目標としています。まだ、試合には絡むことはできていないのですが、いつ出番が来ても良いようにこれからも準備を怠らず、練習や試合で少しでもチームの役に立てるように積み上げていきたいです」

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ