J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

ヴォルティススタジアム

【徳島vs鳥栖】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「まずは選手たちに祝福の言葉を送りたいです。チームとして完璧な試合ができたと思います」

■明治安田生命J1リーグ 第31節
10月3日(日)徳島 3-0 鳥栖(14:03KICK OFF/鳴門大塚/5,645人)
得点者:15’垣田裕暉(徳島)41’垣田裕暉(徳島)60’ムシャガバケンガ(徳島)
———–

〇ダニエルポヤトス監督
まずは選手たちに祝福の言葉を送りたいです。チームとして完璧な試合ができたと思います。鳥栖はとても難しい相手で、リーグの中でも特徴のある素晴らしいチームだと思っています。そのような相手に対してもしっかり戦うことのできた我々のチームに感謝していますし、本当に満足しています。

Q:垣田選手を起用することで、優位性を保てるという考えがありましたか?

相手を分析する中で、前から圧力をかけてくるというのは理解していました。それに対して前線に垣田選手とバケンガ選手を置き、起点を作り出そうと思っていました。また、相手DFのポジショニングから背後にスペースが生まれることもわかっていたので、そこを上手く突くことができたと思います。

Q:試合前、『相手の圧力に対して、より速いパススピードが必要になる』とおっしゃっていましたが、どちらかと言えば長いボールを使いながら優位に試合を進めることができたと思います。それについてはいかがですか?

プレスは厳しく来ると予想できた中で、しっかり対応しながらボールを回そうとしていました。しかし、狙うべきスペースは彼らの背後にあったので、選手たちはそこを効果的に突くようなプレーを選択してくれました。スタッフもしっかりと分析をし、その情報を共有することでこのような結果になったと思います。

Q:今日はこれまでよりもシンプルに前線へパスを送る場面が多くありました。鳥栖戦のために準備してきたものですか?それとも、今後もこのような戦い方をしていこうと考えておられますか?

重要なことは「スペースがどこにあるのか」ということであり、カウンターとかボールを保持するということではないと思っています。スペースがどこにあるのか、そこで相手にとって危険なプレーをいかに生み出すのかが重要だと考えています。ですから、対戦相手によってスペースの見つけ方や使い方は変わっていくものだと思っています。

Q:今日の勝利で一旦降格圏から出ることができましたね。

状況は大きく変わっていないと自覚し、次の試合について考えるのみだと思っています。順位や他会場の結果は自分たちでコントロールできません。ですから、自分たちができることに対して集中することが重要だと思っています。そのためにも今チームとして取り組んでいることを引き続きやっていこうと思います。

Q:2試合連続して完封した守備に関して、今日素晴らしかった点を教えてください。

試合に臨む姿勢だと思います。いかに奪いに行くのか、そしてそのための形がしっかりしていたと思います。前線の選手も献身的に守備をしてくれたおかげで達成できた結果であり、交代したメンバーを含めて全員がよくやってくれたと思っています。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ