【サッカー人気4位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

ヴォルティススタジアム

【横浜FCvs徳島】試合後の選手コメント:垣田裕暉「ここで下を向いていても仕方ないので、次の試合に向けた準備はもう始まっているのでいい準備をしていきたい」宮代大聖「自分のところでテンポを変えようと意識して試合に入りました」

■明治安田生命J1リーグ 第32節
10月16日(土)横浜FC 5-3 徳島(14:03KICK OFF/鳴門大塚/5,645人)
得点者:9’松尾佑介(横浜FC)20’サウロミネイロ(横浜FC)35’岩尾憲(徳島)45+6’サウロミネイロ(横浜FC)56’垣田裕暉(徳島)66’垣田裕暉(徳島)68’高木友也(横浜FC)90+2’渡邉千真(横浜FC)
———–
〇垣田裕暉選手
Q:どんなゲームプランを持って試合に入りましたか?
『攻守で相手のことをいろいろと研究して、チーム内で共通認識を持って試合に入りました。強いて言うなら、守備では相手が前に人数をかけてくるので、(プレッシャーは)全員でタイミングを合わせていくことが大事で、攻撃では5バックなので、サイドバックが高い位置で捕まらないようにということを意識して試合に入りました』

(残り 1277文字/全文: 1642文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ