【サッカー人気1位】未熟さを露呈した逆転負け。自力残留への…

ヴォルティススタジアム

【横浜FCvs徳島】試合後の選手コメント:鈴木徳真「自分たちに流れが傾いた節目を上手に使えなかった」+一美和成、ジエゴ

■明治安田生命J1リーグ 第32節
10月16日(土)横浜FC 5-3 徳島(14:03KICK OFF/鳴門大塚/5,645人)
得点者:9’松尾佑介(横浜FC)20’サウロミネイロ(横浜FC)35’岩尾憲(徳島)45+6’サウロミネイロ(横浜FC)56’垣田裕暉(徳島)66’垣田裕暉(徳島)68’高木友也(横浜FC)90+2’渡邉千真(横浜FC)
———–
〇鈴木 徳真選手
Q:試合を振り返って
『ダニエル監督も話していましたが、「競争の質」が足りなかったと思います。1-2や3-3になって自分たちに流れが傾いた節目のタイミングを上手に使えなかったと思います。今、相手がどうなっているのか、その流れをしっかりと見て、そこでどのようなプレーを選択するべきかが大事だと思います。それは、ボランチやCBだけではなくて全員がそういった選択をしなくてはいけないと思いますし、本当にそこが足りなかったと思います。
失点シーンにはいろいろな要素があると思いますが、その前にそういう選択(ミスが)起きないように、根源を見つけていかなくてはいけないと思います。その点で「競争の質」が足りなかったなと思っています』

(残り 1217文字/全文: 1713文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ