【サッカー人気5位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

ヴォルティススタジアム

ダニエルポヤトス監督「一瞬一瞬の判断を大事にプレーしていこうと話をしました」福岡将太「シンプルにやるところはシンプルにプレーして、使い分けをより慎重にやっていきたい」宮代大聖「全員で一丸となって勝利を掴みたい」ーJ1第33節・大分戦に向けたコメントー


〇福岡将太選手
Q:大分戦に向けた意気込みを教えてください。
「ここ数試合、出場機会が少なくなり、自分自身の中では悔しい気持ちもありますし、今節出場すれば、その気持ちをぶつけたいですけど、それがかえってチームの迷惑にならないように平常心でプレーしたいです。僕自身もすごく周りに助けられているので、逆に周りの選手を助けられるようにプレーしたいです」

Q:大分の印象は?伊佐選手や渡辺選手が前からプレッシャーをかけてきたりプレスバックをしてくることが印象的です。
「もちろんビルドアップは相手も狙っている部分だと思います。シンプルにやるところはシンプルにプレーして、そこの使い分けをより慎重にやっていきたいです。パスを出した後に(パスコースを作るために)角度を作るなどそういったことを大事にしてプレーしたいです。攻撃面ではビルドアップで起点になりつつも、リスクがあることも考慮しながらプレーしたいです」

Q:町田選手や野村選手など彼らのようなプレーヤーをどう警戒しますか?
「野村選手とは2年前一緒にプレーしていますし、町田選手には前回対戦で決められています。ボールウォッチャーになってしまうと周りを使うことが上手な選手なので、ボールに対して対応するだけではなくて、他のDFラインの選手と声を掛け合いながら、マークの受け渡しなど緻密にやっていかなければならないと思います」

(残り 1104文字/全文: 1682文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ