【サッカー人気5位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

ヴォルティススタジアム

【徳島vs大分】ダニエルポヤトス監督記者会見コメント「過去の結果を変えることはできないので、自分がコントロールできる毎週のトレーニングと次節への準備にフォーカスしながらリーグ戦を進めていきたい」

■明治安田生命J1リーグ 第33節
10月23日(土)徳島 1-1 大分(14:06KICK OFF/鳴門大塚/6,488人)
得点者:70’宮代大聖(徳島)80’町田也真人(大分)
———–

〇ダニエルポヤトス監督
今日はお互いにとって非常に重要な試合で、立ち上がりから試合が動かず時間が過ぎていきました。順位が関係したのかもしれませんが、均衡した流れになりました。後半になり我々が相手を押し込む時間帯が増え先制することもできました。しかし、相手にワンチャンスを決められてしまい、引き分けという結果となりました。

Q:藤田譲瑠チマ選手が高い位置へ出る場面が多いように見えました。準備していたものなのか、彼の判断なのか教えてください。

チームとして準備してきたものです。ルヴァンカップで大分と対戦した時に前から圧力をかけられました。そのような時にファーストプレッシャーをいかに外していくのかが大事で、プレッシャーの後ろに人を置きたいという意図があり、そのような役割を求めました。

Q:後半は風上に立ちましたが、ハーフタイムにどのような指示を出しましたか?

風のことは常に頭に入れながら指示を出していました。ハーフタイムでは、どこにアドバンテージを作り、どこにダメージを与えていくのかについて、プレーに対してより細かく指示を伝えました。

Q:終盤はビハインドの相手がシステムを変えて前がかりにプレーしてきました。その時、どのような指示を選手たちに与えましたか?

いろいろなことを想定しながら、スタッフでベストな選択をしようと話もしていました。我々のチーム状況も良かったですし、選手を交代するのか、相手の変化に対策を打つのかについて、スタッフ間で意見交換はしていました。

Q:順位の近いチームとの連戦で獲得した勝点は1でした。この結果に対してどのような感想をお持ちですか?

この前には仙台と対戦して勝利を収めました。続いて鳥栖にもホームで勝利することができました。直近2試合ではそのような結果ですが、今この瞬間からは先のことに集中したいと思っています。過去の結果を変えることはできないので、自分がコントロールできる毎週のトレーニングと次節への準備にフォーカスしながらリーグ戦を進めていきたいです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ